Newborn first bath
First bath of newborn baby girl.The mom washes the baby with natural sponge.

忙しいママ、ワンオペ育児中のママにお勧めの保湿ケア!

忙しいママさん、お風呂の後の保湿って大変ですよね。 入浴後は急激に乾燥するので10分以内に保湿をするのが大切!と言われています。お子さんと一緒にお風呂に入っているママはお風呂あがりの10分余裕ありますか?我が家の場合だとまず子どもをタオルで拭いて、自分の体や頭を拭いて、着替えてる間に子どもはどこかに行っちゃって…追っかけまわしてとりあえずオムツだけ履かせてようやく保湿タイムです。 ママのスキンケアも考えると、10分ギリギリではないでしょうか。さらにお子様が2人3人いるママはなかなかゆっくりと保湿に時間をとれませんよね。 そこで最近話題になっているのが「インバスケア」という保湿方法です。 これはその名の通り、お風呂の中で保湿ケアをすることです。 お風呂上りに肌が濡れた状態の内に保湿することで、入浴後の急激な乾燥やタオルによる摩擦を緩和することができます。 浴室で保湿を済ませてしまえば、あとはタオルで拭いてすぐに着替えができるので時短にもなります。

インバスケアのメリット

  • 入浴後い浴室を出る前に手早く保湿できる
  • 入浴後の急激な乾燥からお肌を効果的に守れる
  • 冬場温かい浴室内で保湿ケアできる
  • 濡れた肌に使うからローションの伸びがいい

インバスケアの方法

インバスケアの方法はいたって簡単です。 お風呂で体を洗って流した後、もしくは入浴した後に、濡れた肌で使えるローションを全身に塗ります。肌が濡れていると、ローションがスーッと伸びて乾いた肌に使うより手早く保湿できます。そのあとは普段通りタオルで拭きます。 塗ったローションをぬぐってしまう感じがするかもしれませんが、この時にはお肌に必要な水分や成分は肌に浸透しているのでタオルドライをしても問題ありません。

インバスケアに使えるローション

それでは保湿剤やローションだったらどれでもインバスケアができるのか、というとそうではありません。通常の保湿化粧品やローションは、乾いた肌に使うことを想定して処方されているため、濡れた肌に使用すると水分に邪魔をされて保湿効果が発揮されません。インバスケアには、肌に保湿がとどまる処方がされているローションを使用する必要があります。成分表を見るだけではインバスケアに使えるの一見して分からないので、数は少ないですが、「インバスケア」や「濡れた肌に使える」と謳われている商品を使用するのがお勧めです。
コピールミ「ミルキーローションOne」
コピールミの「ミルキーローションOne」は、赤ちゃんからママまで、安心して手軽に使えるインバスケア用のローションです。 濡れた肌に使用したときに保湿成分が肌にとどまるように、トリートメント効果のある成分が配合されています。 伸びの良いテクスチャでスーッと肌になじむので、手早く保湿できます。 低刺激で赤ちゃんの髪にも体にも、全身に使えます。      

インバスケアのまとめ

インバスケアは効果的に保湿ができて、時短にもなります。お風呂で保湿して着替えたあとは、子どもとスキンシップするもよし、ゆっくり自分のフェイスケアに時間を使うのもいいですね。 忙しいママ、ワンオペ育児のママにインバスケアはお勧めです。是非取り入れてみてくださいね。  
おすすめの記事